オウンドメディアを個人で運営するときに役立つツール

個人でオウンドメディアを立ち上げて終わりではなく、常に情報更新したり、アクセス数を増やすために分析したりする必要があります。よりよいものにするために役立つツールがあります。ツールを活用して効率的に運営していきます。

便利な目的別ツール

運営に役立つツールとして、大きく分けて制作サポートツール、競合分析ツール、順位分析やアクセス解析、CMSツールなどがあります。自分の運営に合わせて目的別にツールを使い分けて、質の高いオウンドメディアを目指します。

制作サポートツール

コピペチェックツールや誤字脱字チェックツールなどがあります。コピペチェックは類似率や一致率などの項目で、コピーコンテンツがないかチェックします。議事脱字チェックは誤字脱字だけでなく、不自然な言い回しや半角スペースのチェックなどもしてくれます。

競合分析ツール

競合サイトの上位表示コンテンツや順位の変動、被リンクの分析をしてくれます。そして便利なのが、SNSで話題になっているコンテンツの調査もおこなうことができます。最近はSNSを使う人が非常に多いので、コンテンツの調査をオウンドメディアに反映させます。

順位分析やアクセス解析

検索順位チェックツールは、順位計測ツールは1クリックでキーワードを一括で計測できます。過去の順位履歴の保存、CSV形式のレポーティング機能、上位競合分析機能もあります。

Googleが無料で提供しているツールはサイト内計測ツールです。ユーザー数、ページビュー、直帰率、CV数など、サイト分析に役立つ基本的な項目を分析することができます。

CMSツール

代表的なのがWordPressです。世界的シェアをもっていて、日々世界中のエンジニアが改良しており、拡張機能やサイトのテンプレートが豊富です。無料で操作の自由度が高く、カスタマイズ性もあるので、オリジナリティのあるサイト作りが可能です。

ツールを使って質の高いオウンドメディアにする

ツールは豊富で機能も充実しているので、上手に活用してオウンドメディアの運営に役立てます。ツールを使うと効率的、また客観的に自分のサイトを分析することができるので、質の高いサイト作りを可能にします。

競合サイトの状況やSNSで話題になっているコンテンツの調査など、情報発信する際に役立つツールは積極的に活用して、ユーザーの求めている情報を提供できるようにツールを上手く使います。

オウンドメディアを個人でマネタイズする方法

集客ツールとしてオウンドメディアを利用する企業は多いですが、個人でもオウンドメディアを利用してマネタイズを目指して立ち上げることができます。大量の見込み客を獲得でき、広告費を使わずにアクセスを集めることができるなどのメリットがあります。

効果的なオウンドメディアを立ち上げる

個人で立ち上げるには、WordPressを使うと特別の知識がなくてもサイトを作ることができ、カスタマイズ性もあるので、見やすくオリジナリティのあるサイトができます。オウンドメディアのメインの記事を作成ですが、ユーザーが求めている質の高いものにします。

収益化に繋がるサイト構成にして、効果的なオウンドメディアを立ち上げます。マネタイズには主に3つの方法があります。広告収入、自社商品販売、リスト取りです。

広告収入

1つ目はアクセスを集めて、広告収入を得る方法です。例えば、アフィリエイトやGoogleアドセンスなどです。商品を紹介するだけで報酬が発生するので、アクセスが集まれば集まるほど収益化が可能な比較的初心者でも挑戦しやすい方法です。

自社商品販売

オウンドメディアで集まったアクセスを自社商品販売に活かす方法です。広告収入は挑戦しやすいですが、利益率はあまり高くありませんが、自社商品であれば価格やサービスの内容を自由に決められるので、利益率が高くなります。

自社商品を常に向上させたり、サービスの内容を充実させたりして、見込み客がリピーターになってもらえるように工夫し、自社商品を魅力的に感じるような紹介の仕方にします。

リスト取り

リスト取りとは、オウンドメディアに集まった人にリスト登録してもらう方法です。リストの種類は、メールアドレスとLINEの友達登録などがあります。登録してもらうことによって、商品を紹介することができます。

登録してくれた人というのは、興味を持って情報を得たいと思っているから登録してくれた人なので、攻めの姿勢で商品やサービスを積極的に紹介します。発信の頻度を見極め、多すぎて煩わしいと感じさせないように気をつけて、発信します。

確実に収益化に繋げる

広告収入、自社商品販売、リスト取りどれもすぐに効果があらわれないかもしれませんが、1つ1つの作業を丁寧に着実にして、アクセス数が伸びるようなコンテンツ作りを心がけたり、ユーザーの求めている情報を発信したりして、確実に収益化に繋げます。