変更をすぐ申告できるような雰囲気作り

Web制作プロジェクトのような短納期が求められるものでは、ややもすると発注者側のみならず、制作者側も検討不十分なまま走り始めてしまうことも無きにしもあらずといえるかもしれません。そのような事情も影響してか、いざ制作段階に入ってから発見されるような変更のあることもよく聞かれます。工程が押せ押せとなって初めて表面化してくるような変更も少なからずあると言われるなか、それを単に制作担当者のスキル不足などと片付けてしまうことなく、実態をよくつかんだうえでの変更対応が重要となってきます。このあたりの判断がプロジェクトマネージャにとっては重要となるため、担当者を責めることだけに終始せず関係者から最大限の情報を得られるよう常日頃から現場との連絡を密にしておくというような雰囲気作りも大切な役目と言われるのも変更対応にも通用することと言えそうです。