ブログとオウンドメディアについて理解が曖昧な人は多いでしょう。オウンドメディアはWEBサイトを使って企業が使用するもので、ブログは個人が使用するものといった考え方をしている人が多いかもしれません。しかし実は扱い方によって違いがあります。

オウンドメディアとブログそれぞれの意味

違いをはっきり知るためにそれぞれの意味を確認しておくのは理解しやすいです。大きく捉えて同じですが違いがあるので、理解して使い分けるようにしましょう。

オウンドメディアとは

企業や個人が自由に運営できるメディアのことです。たとえば、企業情報の掲載を目的としたコーポレートサイトや商品を販売するためのECサイト、情報発信のための自社運営のブログ、メルマガなどです。

ブログとは

一般的にブログというと、芸能人が書いているようなブログを指すというひとが多いでしょう。個人が自分の日常を綴った日記風のWEBサイトです。アメーバブログが代表的なものです。

日本ではもう1つブログを指すものがあります。ブログ作成ツールで作られたWEBサイトを指します。これはWordPressやMovableTypeなどのデザインがテンプレート化されたシステムを用いて作ったブログのことです。

ブログは2種類の意味が入り交じっている

日記ブログは日常を綴る用途で、ブログ形式のWEBサイトはCMSで運営する形式のことです。しかし明確に意味が違っているわけではなく、意味が入り交じっているのがブログの特徴です。

日記ブログは用途のこと

日記ブログは用途のことなので、無料のブログサービスを利用してブログ綴ることを指す傾向にありますが、独自のドメインを取得してブログ形式のWEBサイトを使って運営することもあります。

ブログ形式のWEBサイトは形式のこと

形式のことを指すので、用途は自由なので、日常を書いた日記風ブログにするのも、ビジネスに使用するのも自由です。ブログ形式でWordPressを使ってビジネスで情報発信する場合があてはまります。

自分が所有するかしないかの違い

企業または個人がビジネス目的で、ブログ形式のWEBサイトを運営しているのであれば、オウンドメディアです。一方、自分で所有しているのではなく、アメーバブログなどを利用してのブログはただのブログです。ですから、自分所有するかしないかでオウンドメディアかブログなのかの違いがあります。